呼吸

NPPVとは? 非侵襲的?陽圧換気?【意外と知らない大事な知識】

ポンコツ看護師のモギ(@mogilog)です。

臨床で働いていると一度は目にしたことがあると思うNPPVですが、意外と苦手なイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。

私は以前まで

酸素吸入でだめならNPPVに変更する

NPPVは大量の酸素を送り込んでいる

こんな程度にしか理解していませんでした。

しかしながら実際にNPPVを使用している患者さんを目の当たりにしたときに、正しい知識がないと正しい看護はできないということを実感しました。

そこで今回はNPPVとはどんなものなのかについて簡単に解説していきたいと思います。

NPPVとは?

NPPVとは非侵襲的陽圧換気の略語で、鼻マスクやフェイスマスクなどを用いて陽圧換気を行い肺胞のふくらみを助け呼吸を補助するものです。

非侵襲的?陽圧換気?

NPPVが苦手な人の特徴としてまずここが理解できていない人が多いです。

安心してください。

理解できるように噛み砕いて説明していきます。

侵襲的と非侵襲的について

侵襲とは病気やケガだけでなく、手術や医療処置のような「生体に傷をつけること」すべてを指します。

すなわち気管切開のように身体に傷をつけることを侵襲的と言います。

反対に非侵襲的とは生体に傷をつけないことを指します。

NPPVはマスクなどを使用し傷をつけずに空気を送気することができます。

陽圧換気と陰圧換気について

陽圧換気とは読んで字のごとく、陽圧をかけながら換気を促すことです。

自発呼吸とNPPV(人工呼吸)の1番の違いは陽圧換気陰圧換気かの違いになります。

自発呼吸 人工呼吸
呼吸の換気方法 陰圧で換気 陽圧で換気
気道内圧 息を吸うときに陰圧 息を吸うときに陽圧
呼気仕事 横隔膜や呼吸筋が行う 人工呼吸器が行う

表にまとめるとこんな感じです。

 

自発呼吸

意外と忘れがちですが自発呼吸は陰圧換気になります。

陰圧換気のイメージがわきにくいと思いますが

呼吸筋の収縮や横隔膜が下がることによって胸腔が広がります。

それに伴い肺の中は陰圧になり、外気の空気を肺の中に引き寄せます。勝手に空気が流れ込んでくるイメージです。

人工呼吸

人工呼吸は自発呼吸と違い呼吸筋を全く使いません。

人工呼吸は機械によって空気を肺の中に押し込みます。

そのため息を吸うときに肺は陽圧になります。機械で空気を無理やり肺に入れて、無理やり肺を膨らませているイメージです。

※人工呼吸器の中でも一部陰圧換気が行えるものもあります

 

NPPV(非侵襲的陽圧換気)のまとめ

非侵襲的陽圧換気とは

非侵襲的=体に傷をつけずにマスクなどを用いて

陽圧換気=呼吸器を使って無理やり空気を送り込む

これがNPPV(非侵襲的陽圧換気)になります。