呼吸

NPPVの適応と禁忌の疾患について解説します!

ポンコツ看護師のモギ(@mogilog)です。

NPPVはどんな状態のときに使用するでしょう。

呼吸状態が悪いとき?

酸素投与でも改善がないとき?

あいまいなまま認識している方も多いと思います。

そこで今回はNPPVの適応疾患と禁忌の状態について説明していきたいと思います。

NPPVの適応疾患について

・COPDの急性増悪

・心原性肺水腫

・神経筋障害

・喘息の発作

・免疫不全に合併する呼吸不全

・急性呼吸不全

・人工呼吸器離脱後の換気補助

基本的にこのような疾患で後に紹介する禁忌に該当しなければNPPVの適応となります。

導入基準

日本呼吸器学会のガイドラインに導入基準というものあるのでそちらも紹介します。

疾患別導入基準の例 1)

NPPVとは?目的と適応、導入/中止基準 | ナース専科 (nurse-senka.jp)

 

NPPVの禁忌について

・自発呼吸がない

・意識レベルが悪い

・興奮状態

・治療に非協力的

・多量の分泌物がある

・嘔吐や吐血や喀血がある

・嚥下機能の低下と誤嚥リスクがある

自発呼吸がないとNPPVは使用できない

NPPVは自発呼吸に対しての補助を行うものなので、自発呼吸がないと意味がありません。

設定によっては数回自発呼吸が抜ける分にはサポートできますが全くない場合には禁忌となります。

患者さんの協力が大前提

NPPVは気管挿管や気切での呼吸器管理と違って鎮静剤はかけません。

そのため患者さんが治療に協力的でないとマスクを外してしまい治療の効果を得ることができません。

興奮状態や治療に協力が得られない場合にはNPPVの禁忌となります。

誤嚥性肺炎のリスク

NPPVは陽圧(空気を押し込む)をかけるので口腔や気道内の分泌物が多量にある場合や嚥下障害がある場合に誤嚥のリスクが高まります。

それにより誤嚥性肺炎を発症してしまうケースも少なくありません。

NPPVを装着する時点で状態はあまり良いとはいえない状況の中誤嚥性肺炎を発症するのは命の危険にもつながります。

そのため多量の分泌物、嘔吐や吐血、嚥下障害がある場合は禁忌となります。

非侵襲的の強みを生かそう

適応と禁忌について説明しましたが、禁忌に当てはまらず状態が悪化しているケースでは臨床で使われるケースも多いです。

理由は気管切開や気切と違い非侵襲的、つまり体に傷をつけずに呼吸管理を行えるためです。

今後さらにNPPVの使用が増えてくると予想されるのでぜひ今回の記事を参考にしていただければなと思います。

最後までご視聴ありがとうございました。