転職

【転職サイト】医療ワーカーを実際に使ってみた感想

ポンコツ看護師のモギ(@mogilog)です。

私は2021年4月に転職サイト「医療ワーカー」を使い転職しました。

ほかの転職サイトもいくつか登録していましたが個人的にとてもよかったので医療ワーカーで転職をしました。

そこで今回は

・数ある転職サイトの中でなぜ医療ワーカーを選んだのか

・実際に使ってみてどうだったのか

これについて話していきたいと思います。

 

1番の決め手は接客力

転職サイトによってごり押しでくるところもあれば、こちらの話を聞いてそれに見合った転職先を紹介してくるところがあります。

医療ワーカーの接客はちょうどよかった

これに尽きます。

こちらのペースに合わせ、希望に対しては迅速に対応してくれました。

これは当たり前かもしれませんができない転職サイトも少なくありません。

エージョントとの信頼関係が築けなければ良い転職先は見つからないと思っているので、接客力に関して一番重要視しました。

結果的に文句なしの職場に転職することができて今は大満足です。

 

関東で一番の求人数を扱っている

転職サイトを比較するうえで重要なのが求人数です。

求人数が多ければ多いほど転職先の候補が見つかるからです。

参考までにですが求人数に関して

関東圏では医療ワーカー

関西圏では看護ルーが

一番の求人数を扱っています。

私は関東圏に住んでいる為求人数でみると医療ワーカーが1択でした。

事実私の行きたかった就業先も扱っていた転職サイトが2件しかなく、その一つが医療ワーカーでした。

 

就業先と転職サイトの関係

これはあまり知られていないと思いますが転職サイトによって転職先とのつながりが深いところもあれば浅いところもあります。

具体的に説明します。

Dという病院に転職しようとして3つの転職サイトに登録したとします。

転職サイトA・・・D病院とのつながりが深い(何人も転職させた経験がある)

転職サイトB・・・D病院とのつながりが浅い(数人しか転職させていない)

転職サイトC・・・D病院とのつながりがほとんどない(転職経験0人)

まちがいなくAの転職サイトが有利ですよね。

何人も転職させた経験は転職先との信頼関係にもつながっており、「ここのサイトなら信頼できる」と転職先も考えます。

そのため転職サイトによって得意としている求人があります。

実際に合った話

「うちのサイトは○○とつながりが深くお世話になっているので、かなり有利に進められると思う」と言われました。

5人の転職希望者がいましたが無事に転職を勝ち取ることができました。

後から転職先の管理者に聞いた話ですが

「5人目の応募だったので最初から断ろうと思っていたけど、医療ワーカーからの求人だったので面接受けたんだよね」

これを聞いた時に医療ワーカーを選んでほんとに良かったと思いました。

 

どんなに遅い時間でも対応してくれた

転職サイトは履歴書の添削などをやってくれるとこもあり、医療ワーカーも同じでした。

衝撃的だったのが面接前日に

「モギさん!今日は出先にいるので履歴書の添削仕上がるのが遅くなりそうです。先に寝てていいんで後は印刷すれば大丈夫な状態にしておきます!」

結果的に添削後の履歴書が送られてきたのが日付を跨いだ0:30でした。

これに関しては脱帽でした。(笑)

ほかのサイトもそうなのかもしれませんが、日付を跨いでの残業も行うなんて衝撃でした。

結果的に履歴書も高評価ということで転職成功の一歩になりました。

 

転職後のサポートが充実していた

転職後に

・現状はどうなのか

・不安や不満なことはないか

などをショートメールで訪ねてきました。

これに関しては他のサイトも行っていると思いますが、アフターケアの充実もしっかりとしているのは確かでした!

 

医療ワーカーを実際に使ってみてのまとめ

冒頭でも話しましたが個人的に医療ワーカーはとても良かったです。

いくつものサイトを登録して感じたことなので自信をもって医療ワーカーをおすすめします。

ただ一つ言えるのが医療ワーカーというサイトももちろん良かったですが、エージェントによっても変わってしまうのは事実だと思います。

そこに関しては運もあると思うので難しいところです。

ただエージェントの変更も可能であるので、合わない方であれば変更の申請も伝えてみてください!

 

最後までご視聴ありがとうございました。