在宅ワーク

病院勤務しながら在宅ワークで月18000円稼いだ話

看護師さんの中で

「もう少し給料上がらないかな?」

「副業でも始めてみようかな?」

「自宅にいて稼げる仕事ないのかな?」

と思っている方がいると思います。

私もその一人でした。

看護師の副業は他の病院や施設で働く以外に、在宅でできるものがあります。外部で行う副業は本業先にばれないかどうか不安があると思います。

そこで今回は私が実際に病院で働きつつランサーズというクラウドソーシングサービスを使って

自宅で月18000円稼いだ方法を紹介します。

 

クラウドソーシングでの収入について

私は2020年の12月にクラウドソーシングを開始して

12月に7000円(手数料差し引いた報酬額)

1月に16000円

2月に18000円

3月に4000円

これだけの収益を得ることができました。

下に実際の報酬の画像を載せておきます。

2月後半から転職活動などもあったため、3月はほとんどやっていない状況でした。転職先での日々が忙しく、現在はほとんどできていない状況です。

実際にクラウドソーシングの仕事をしていた期間は4か月で収益も少額ですが、経済的な余裕だけでなく心の余裕にもつながりました。

実際に受注した仕事は?

①病院の口コミ

②転職サイトの紹介記事

③准看護師と看護師の違いについて

④脱毛サロンの紹介記事

私が実際にこなした仕事です。

「これしかやってないのに、18000円も稼いだの?」

仕事の種類はこのくらいですが、発注者側が継続依頼してくることがあり④の記事を継続的に続けていました。

初めのうちは仕事の報酬額も安いですが、継続的にこなしていくと発注者側が報酬を増やしてくれることがあります。

実際に私も最初のうちは1500円だった報酬額が、短期間のうちに2000円にまで上げていただきました。

自分がやりたいときにできる

仕事を受注した際にいつまでにやってくださいという期間は発注者によって変わってきますが、基本的に1、2週間くらいです。

その期間内であれば自分の好きな時にやればいいので、自宅にいる隙間時間でこなすことができました。

この自由な時にできるというのは本当にストレスなく取り掛かることができます。

また病院で働いている時には他スタッフに気を使いながら働いていましたが、クラウドソーシングは自分一人でできるのでオススメです!

やった分だけ成果が出る

看護師は基本的に毎月の給料が決まっており、どれだけ仕事で頑張っても給料は変動しません。(夜勤の回数については別です)

クラウドソーシングはやった分だけ報酬が上がります。歩合制の仕事でもある為、病院で働いている時には感じたことのない気持ちを味わいました。

そしてなにより

自分一人の力で稼いだ

この喜びは本当に大きかったです。

フリーランスとしての可能性を感じた

看護師は病院や施設でしか働けないと思ってましたが、実際は看護師ライターやブロガーなど在宅ワークを主として活動している看護師さんもいます。

そして今回短期間でしたがクラウドソーシングでの経験を通して

私もフリーランス、在宅ワークで生きていけるのではないかという可能性を感じました。

これからの時代自分一人で稼いでいく力は本当に重要です。いくら看護師が安定しているからと言っても100%の保証があるわけではないです。

看護師にも働き方はいろいろあり、その一つがクラウドソーシングです。

お金の稼ぎ方を学ぶ上でもクラウドソーシングはおすすめなので、少しでも興味があればぜひ始めてみることをお勧めします!

 

今後はクラウドソーシングについての具体的な始め方や、初心者にお勧めの仕事を紹介していければと思います。