転職

【看護師必見】コロナワクチン接種業務について徹底解説

ポンコツ看護師のモギ(@mogilog)です。

読者の悩み

コロナワクチン業務の実際を知りたい

本記事ではこの内容に答えていきます。

最近看護師さんでコロナワクチン接種の仕事をしている方が増えてきています。

下記の内容に沿って、詳しく解説していきたいと思います。

・実際の現場ではどのような業務を行っているのか

・メリット、デメリットについて

・登録すべき転職サイトについて

 

コロナワクチン業務について

まずは実際に仕事内容について紹介していきます。

①ワクチン接種

②接種後の観察

③ワクチンの準備

④案内

基本的にこの業務を複数名で分担しながら行います。

それでは1つずつ解説していきます。

①ワクチン接種

仕事内容の大半がワクチン接種になります。

1日の接種人数は地域や場所によって変動するので、個人で確認をお願いします。

必要な技術

筋肉注射の手技を理解していれば問題ないです。

新人看護師さんで、一度も筋肉注射をやったことがないという方は手技を取得してからがおすすめです。

会場で注射のやり方などの指導は基本的に行わないので、焦らずに覚えてから求人を探してみてください。

②接種後の観察

ワクチン接種後はアナフィラキシーショックなどの異常が起きていないかを観察します。

接種後は15分から30分程度は椅子に座るなどして待機してもらいます。

その間に看護師も付き添いながら異常が無いかを観察していきます。

③ワクチンの準備

アンプルから注射器に吸い上げる作業になります。

単純な作業ではありますが、実際の現場では緊張感があるようです。

最近では無駄なワクチン破棄の問題なども取り上げられており、ミスは許されないような状況が続いています。

④案内

会場が広い場所では接種場所までの道のりが分かりにくいことがあります。

そこで手分けして案内係というものを設けている場所もあるようです。

 

以上が基本的な業務内容になります。

 

メリットについて

次にコロナワクチン業務のメリットについて紹介していきます。

メリットは以下の通りになります。

①短時間でも可能

②副業としても可能

③高収入

このようなことから、ワクチン接種の仕事は人気となっています。

 

①短時間でも可能

コロナワクチンの仕事は短時間からでもOKという求人がほとんどです。

理由としては1日の業務を2交代や3交代で分けているためです。

そのため1人の勤務時間は長くても6時間という場合が多いようです。

主婦の方から人気を集めている

短時間からでも可能ということで、主婦の看護師さんも多いそうです。

子育てや家事などやることが多い主婦の方にとっても、働きやすい環境が整っています。

 

②副業としても可能

コロナワクチンの仕事では副業を認めている場合があります。

※例外もあります。

今よりも収入を増やしたい

という方にはおすすめです。

 

③高収入

とにかく収入が高い

これがコロナワクチン業務の人気の秘訣と言っても過言ではありません。

具体的にどれくらいもらえる

時給で出しているところがほとんどです。

時給3,500円~5,000円が相場です。

時給4,000円として1日6時間働くと、1日で24,000円も収入を得ることができます。

1か月フルで働くとすると、とんでもない金額になりそうです。

看護師の給与格差が問題になっている

最近メディアに取り上げられていますが、看護師の給与格差も問題視されています。

確かにワクチンの業務だけでこれだけの収入を得ていると、病院で働いている人からすると不満が募るのも想像できます。

 

デメリットについて

次にデメリットについて紹介していきます。

①本業の職場で副業が認められていない場合に身バレするリスク

②コロナウイルスの感染リスク

詳しく解説していきます。

①身バレするリスク

コロナワクチンの仕事自体は副業として認められていることがありますが、本業先では副業禁止の場合がほとんどだと思います。

ワクチン接種の仕事では、いつ誰が接種者としてくるか分かりません。

そのため身バレするリスクは高く、本業先にもばれてしまうことが十分に考えられます。

本業先と離れた地域がおすすめ

県外までとは言いませんが、なるべく本業先と離れた地域でやるのが身バレ防止のためにはおすすめです。

 

②コロナウイルスの感染リスク

これは当然ですが、人と関わる機会が増えるために感染のリスクは高くなります。

アルコール消毒や手洗いうがいなどをこまめに行い、感染予防を徹底しながら行いましょう。

 

コロナワクチンの求人を出している転職サイト

ここからはコロナワクチン接種の仕事をやりたいという方に向けて、どの転職サイトが求人を扱っているかについて紹介してきます。

①看護のお仕事

②看護ルー

③ナースパワー

この3つのサイトではコロナワクチンの求人を出しています。

①看護のお仕事


総求人数トップレベル!累計40万人以上の利用者がいる転職サイト

求人数が豊富なサイトで、コロナワクチンの求人に関しても数多く扱っています。

看護のお仕事

 

②看護ルー

看護ルー

利用者満足度96.3%、看護師さんからの人気No1の転職サイト

看護師からの圧倒的人気を誇るサイトで、コロナワクチンの求人に関しても充実しています。

【看護師転職サイト】看護ルー

 

③ナースパワー


看護師の専門的な就職相談は、30年の歴史がありノウハウが蓄積されている

実績からも分かる通り信頼のおけるサイトの一つです。

ナースパワー人材センター

 

必ずしも募集しているとは限らない

コロナワクチンの仕事は現在人気のため、必ずしも求人を出しているとは限りません。

ですが今後会場も増えてくる予定なのでまだまだチャンスはあります。

まずは転職サイトに登録して、募集が開始次第連絡をもらえるように話しておくのがおすすめです。

 

まとめ

今回はコロナワクチン業務について解説させていただきました。

働きやすさや収入面に関しても申し分なく、人気の理由が明らかになったと思います。

本記事がコロナワクチンの業務について、すこしでも参考になればと思います。

 

最後までご視聴ありがとうございました。