転職

【看護師転職サイト】登録する事でのメリット・デメリットについて

ポンコツ看護師のモギ(@mogilog)です。

読者の疑問

「転職サイトを登録するうえでのメリットとデメリットを知りたい」

本記事ではこの疑問に答えていきます。

私自身も転職サイトを5つほど登録していた経験があるため、その実体験も踏まえて解説していきたいと思います。

 

転職サイトのデメリット

まずはデメリットについて紹介していきます。

①連絡がしつこい

②サイトの意見を押してくる

③給料が下がることがある

④実際の労働条件と提示されたものが違うことがある

⑤とりあえず面接に行かされることがある

これらについて紹介していきます。

①連絡がしつこい

転職サイトの一番のデメリットと言えばこれですよね。

実際に登録した経験がある人なら分かると思いますが、不在着信が1日に3件も4件もはいってることもあります。

このようなことから連絡が嫌でサイトを登録しない人もいるのではないでしょうか。

なぜそんなにも連絡がくるのか

一般的に考えれば無料で登録している転職サイトがなぜそんなにもしつこいのか疑問に思われますよね。

答えは転職することで、転職サイトが就業先から報酬を得ているからです。

ちなみに1件転職が成立するだけで莫大な金額が入るとのことです。

それを考えると1日に何件も連絡して転職をさせたい気持ちが分かりますよね。

②サイト側の意見を押してくる(希望の求人が見つからない)

例えば

「人気のある病院A」と「人気のない施設B」

どちらが転職成功しやすいでしょうか。

もちろんBの人気のない施設ですよね。

転職サイト側は転職先に競合がいる場合はそこは避けて、転職しやすい求人先を勧めてくることがあります。

転職が成功すれば報酬がもらえることを考えると、転職しやすいとこをすすめる気持ちも分かります。

ですが我々看護師は自分たちが働きたいところで働くべきであるため、サイト側の意見に押されないように気を付けましょう。

③給与が下がることがある

さきほども説明した通り転職が成立すると、病院や施設から莫大な報酬が転職サイトに渡されます。

そのため転職先によっては、半年間や1年間は給与が減額されることもあります。

私の知り合いは半年間は15%カットで、その後は徐々に減額される額が減っていくとのことでした。

もちろん「転職サイトを利用したから給与が減ります」ということは言われないので注意が必要です!

④実際の労働条件と提示されたものが違うことがある

基本的に転職する前に転職サイトからある程度の労働条件は提示されます。

ですが実際に転職した時の労働条件をみたら、聞いていた話と違うということもあります。

私も似たような経験をしており、実際に転職してみたら退職金がでないということを初めて聞かされました。

そのため雇用が確定する前に、面接の時にでも気になることがあったら再確認しましょう。

退職の原因にもなりかねない

早期の退職は少なからず次の転職に悪影響を及ぼします。

私の友人も実際に転職したら労働条件が違ったということで、早期退職をした方もいます。

これに関しては自己責任になってしまうため、自分自身で労働条件は必ず確認するようにしましょう。

⑤とりあえず面接に行かされることがある

これもよくあるパターンです。

例えばですが面接を3か所予定していたとして、1つ目の病院で即内定をもらったとします。

その場合でも転職サイトは2つ目3つ目の予定している面接に行かせようとします。

これは転職サイト側が病院や施設からの評判を落としたくない為です。

第一希望の面接がまだなのであれば構いませんが、第一希望から内定を得た状態で面接を受けに行くほど無駄なことはありません。

断ることも可能です

無理に面接を受けに行く必要は全くないので、行きたくないのであれば断りましょう。

以上が転職サイトのデメリットになります。

 

転職サイトのメリット

次にメリットについて紹介していきます。

①無料で利用できる

②自分に合った求人を探してくれる

③給与などの労働条件を交渉してくれる

④転職前後でサポートが受けられる

⑤非公開求人を紹介してくれる

⑥内部事情を教えてくれる

一つずつ深堀していきます。

①無料で利用できる

転職サイトは基本的に全て無料で利用できます。

なんだかんだでこれが最大のメリットです。

追加料金なども一切ない

「どうせ後から料金がかかるんでしょう」

このような心配をされている方もいると思われますが大丈夫です。

デメリットの時にも紹介した通り、転職が成立した時に莫大な報酬が転職サイトに支払われている為その分無料で対応しています。

②希望の求人を探してくれる

転職サイトはまず最初にどういう職場を探しているかのヒアリングを行います。

そして希望に合った求人をいくつか提示してくれて、その中から自分で選ぶことができます。

もちろん希望に添えなければ断ることも可能です。

自分で探すと限界がある

何万件という求人数の中から希望の転職先を探すのは至難の業であり限界があります。

転職先を探している皆さんはおそらく現在働かれていると思うので

「転職先を探す」という作業は転職サイトに任せて

自分の時間を効率よく活用するのが良いのではないでしょうか。

③給与などの労働条件を交渉してくれる

「もう少し給与を上げてほしい」

「休日を増やしてほしい」

転職サイトにこのような希望を伝えると交渉してくれることがあります。

全部が全部通るわけではないですが、相談したら条件が良くなったケースもあるので少しでも気になることがあれば担当のエージェントに伝えましょう。

転職後の条件変更は難しい

一度働いてしまうと条件を変更するのは難しいです。

そのため働く前が一番重要です。

④転職前後でサポートが受けられる

主に次のようなサポートが受けられます。

・病院や施設との手続きの代行

・履歴書の添削

・面接対策

・当日の同行

・転職後のヒアリング

転職先との手続きの代行

個人で転職先を探した場合、まず電話をして履歴書の提出や面接日の日程の調整を組みます。

これらのことを転職サイトは全て代行してくれます。

面接日に関してはエージェントに希望の日程を伝えておくとその日に合わせて予定を組んでくれます。

そのためやるべきことは以下になります。

・履歴書の作成

・面接の準備

履歴書の添削

転職先に履歴書を提出する前に転職サイトが添削をしてくれます。

やはり最終的にはプロに見てもらうのが1番であり、直接的に転職成功にもつながるので履歴書の添削は重要です。

面接対策

面接でどのようなことを聞かれるかを転職サイトはある程度把握しています。

過去の情報などからどんな対策が必要なのかを指導してくれます。

面接の準備をしようとしても何をしていいのか分からないと思うので、転職サイトを利用すれば準備万端で臨むことができます。

当日の同行

転職サイトによっては同日の面接に同行する場合があります。

転職サイトに直接聞いた話ですが

同行することによって転職の成功確率が格段に上がるそうです。

全員に同行するわけではないので、緊張しやすく当日が不安な方はぜひ相談してみてください。

転職後のヒアリング

転職後にも転職サイトから現在の状況について事情聴取してくることがあります。

・実際に働いてみてどうだったのか

・不満に思うことはないか

改善できることに関しては転職サイトから直接転職先に交渉してくれることもあるそうです。

⑥非公開求人を紹介してくれる

下記のような転職サイトでは登録することで非公開求人を見ることができ紹介してくれることがあります。

なぜ非公開なのか

・人気がある求人

・求人を出していることを知られたくない

このような意図があるそうです。

どちらにせ登録することでさらに多くの選択肢が増えるのではないでしょうか。

 

最後に

私は転職先を個人で探したこともあれば転職サイトを使って探したこともあります。

個人的には転職サイトを使ったほうが良かったです。

転職サイトを実際に使った感想についての記事も出しているので良ければ参考にしてください。

【転職サイト】医療ワーカーを実際に使ってみた感想私は2021年4月に転職サイト「医療ワーカー」を使い転職しました。ほかの転職サイトもいくつか登録していましたが個人的に一番よかったので医療ワーカーで転職をしました。本記事では数ある転職サイトの中でなぜ医療ワーカーを選んだのか、実際に使ってみてどうだったのかについて紹介しています。...

 

最後までご視聴ありがとうございました。